元日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクは28日、オーストリア・ブンデスリーガ第13節のSCラインドルフ・アルタッハ戦に臨み、2-0で勝利した。南野は67分からプレーした。

直近のリーグ戦6試合負けなしのザルツブルクは、29分にMFハネス・ヴォルフのゴールで先制。1点リードで試合を折り返すと、67分に南野が途中起用された中、81分にMFアマドゥ・ハイダラが2点目を決め、勝負を決した。

2試合ぶりのクリーンシートで勝利したザルツブルクは、2試合ぶりの白星で7戦無敗。シーズン8勝目を手にした。

ザルツブルク 2-0 SCラインドルフ・アルタッハ
【ザルツブルク】
ヴォルフ(前29)
ハイダラ(後36)