4日に埼玉スタジアム2002で行われた2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝のセレッソ大阪vs川崎フロンターレは、C大阪が2-0で勝利した。大会初優勝を飾ったC大阪は、クラブ史上初のタイトル獲得となる。

共にクラブ史上初のタイトルが懸かった大一番は、開始47秒にFW杉本健勇の同大会史上最速弾でC大阪が先制に成功。その後は川崎が猛攻を仕掛けて、C大阪が耐え抜く展開が続いた中、試合終了間際の後半アディショナルタイムにはC大阪のカウンターからMFソウザがダメ押しのゴールを奪い、C大阪が25周年の節目を迎えた同大会で初優勝を飾った。

Jリーグの村井満チェアマンは、C大阪のルヴァンカップ優勝を祝福するコメントを発表。ワールドカップ予選の影響で一部主力を欠きながら、控え選手たちの活躍で初の決勝進出を果たしたチームの総合力、就任初年度でクラブに初タイトルをもたらした尹晶煥監督の手腕を高く評価した。

◆Jリーグ 村井満チェアマン
「セレッソ大阪の皆さま、2017JリーグYBCルヴァンカップ優勝おめでとうございます。初の決勝進出ながら勝利を収め、セレッソ大阪が生まれて以来初となるタイトルを獲得されました。心より祝福申し上げます」

「FIFAワールドカップアジア最終予選が開催され、山口蛍選手や杉本健勇選手らが日本代表に招集され不在の間も、才能豊かな選手達が互いに切磋琢磨しながら、クラブの総力を結集し、プレーオフステージを制して粘り強く勝ち上がってきました。チームに良い競争環境が整っていることがうかがえます。また、選手時代にセレッソ大阪の成長に貢献した尹晶煥監督が、再びクラブに戻り、就任初年度でクラブを栄光に導きました。その手腕も見事でした」

「JリーグYBCルヴァンカップ25周年の節目の大会にふさわしい、素晴らしい戦いを見せてくれたセレッソ大阪、川崎フロンターレの健闘をたたえます。現在、両クラブともに明治安田生命J1リーグで上位につけていますが、シーズンの最後まで大いにJリーグを盛り上げてほしいと思います」

「本日は昨年を上回る53,452人のファン・サポーターにお越しいただきました。25周年の記念すべき日を共に盛り上げてくださった皆さま、そして長きにわたり大会をご支援いただいておりますヤマザキビスケット株式会社様に心から感謝申し上げます」