元日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクは5日、オーストリア・ブンデスリーガ第14節のザンクト・ペルテン戦に臨み、3-1で勝利した。南野は81分までプレーし、7月の開幕戦以来となる一発を含む2ゴールをマークした。

2連勝を目指したザルツブルクは開始6分に先制を許したが、35分に南野が相手GKのファンブルしたボールをプッシュ。1-1の振り出しに戻した。

相手の前半終了間際のPK失敗も同点で試合を折り返下ザルツブルクは、54分にMFマルク・ジャトコフスキのゴールで勝ち越した。

形勢逆転のザルツブルクは80分、右サイドから上がったクロスを南野が頭で押し込み、3-1と勝負あり。リーグ戦2連勝を飾った。

ザンクト・ペルテン 1-3 ザルツブルク
【ザンクト・ペルテン】
フーバー(前6)
【ザルツブルク】
南野拓実(前35)
ジャトコフス(後9)
南野拓実(後35)