ユベントスが、バルセロナのスペイン代表MFセルジ・ロベルト(25)に興味を示しているようだ。『フットボール・エスパーニャ』がスペイン『マルカ』の報道をもとに伝えている。

バルセロナの下部組織出身のセルジ・ロベルトにユベントスをはじめ、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドが興味を持っているようだ。本職のセントラルMFだけでなく右ウイングや右サイドバックもこなせる万能プレーヤーのバルセロナとの契約は2019年まで。クラブは契約延長に動いたが、選手側はそれを拒否したようだ。

『フットボール・エスパーニャ』によれば、現在も契約延長を諦めていないバルセロナだが、上記のクラブがセルジ・ロベルトを追っているとみられており、4000万ユーロ(約53億円)に設定されている契約解除金もそれほど高額ではないように思われる。

2013-14シーズンからバルセロナのトップチームでプレーしているセルジ・ロベルトは、現在まででクラブ通算168試合に出場。今シーズンは公式戦16試合に出場し、リーグ戦では開幕節のベティス戦で今季初ゴールを挙げている。