イギリス『デイリー・メール』は、マンチェスター・ユナイテッドがスペイン代表MFアンデル・エレーラ(28)との契約延長オプションを行使すると報じた。

昨シーズンのクラブMVPに輝いたエレーラの現行契約は来年夏まで。だが、ユナイテッドは現行契約に含まれる1年の延長オプションを行使することで、スペイン人MFをクラブにとどめることを決断したという。

また、エレーラ自身もユナイテッドでの生活に満足している様子。最近の報道でアトレティコ・マドリーが関心を寄せているとされてきたが、今後もジョゼ・モウリーニョ監督の下で仕事を続けたい意向とのことだ。

エレーラは、2014年夏にアスレティック・ビルバオからユナイテッド加入。今シーズンはここまでプレミアリーグ10試合、チャンピオンズリーグ3試合など、全公式戦で16試合に出場している。