グルージャ盛岡は8日、菊池利三監督(44)の続投を発表した。

菊池監督は、ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)やガンバ大阪、サンフレッチェ広島、大宮アルディージャでプレー。今シーズンから盛岡の監督に就任していた。

チームは、今シーズンの明治安田生命J3リーグで17チーム中15位と低迷したものの、クラブは続投を決断した。菊池監督はクラブを通じてコメントしている。

「今シーズンも多くのご声援頂き、ありがとうございました。このたび、2018シーズンも引き続き指揮を執らせて頂くことになりました。今シーズンはクラブへご支援・ご声援いただいた皆さまにご満足いただける結果を出すことができず、申し訳なく思っています」

「個人的に初めてJクラブの監督に挑戦し、苦しいシーズンでした。しかし、選手たちは一生懸命、我々スタッフの要求したことをピッチの上で実現しようとチャレンジしてくれました。そんなチームに対し良い時も悪い時も変わらず温かいご声援を頂きましたこと、深く感謝申し上げます」

「来シーズンはグルージャ盛岡というクラブが岩手県でより愛されるべく、選手、スタッフ、ファン・サポーター、スポンサーなどクラブに関わる全ての方とより一層「一岩」となって戦って参りたいと思いますので、2018シーズンも、ご支援・ご声援をよろしくお願いいたします」