23日にリーガエスパニョーラ第17節、レアル・マドリーvsバルセロナの“エル・クラシコ”がサンティアゴ・ベルナベウで行われる。全世界が注目する一戦を前に、クラシコ場外戦として両クラブ間で起こった"禁断の移籍"を振り返ろう。

◆“ユダ”の汚名を着せられ、ピッチには豚の首が飛ぶ!?
Getty Images
マドリーとバルサによる禁断の移籍で、一番に思い出されるのはルイス・フィーゴだ。1995年にスポルティング・リスボンからバルセロナに加入したフィーゴは、パトリック・クライファート、リバウドとの強力3トップでスペインサッカー界を席巻。2000年にはバロンドールを受賞し、世界最高のドリブラーとしての地位を築いた。

しかし同年、レアル・マドリーへの移籍が噂されると、本人は否定するコメントを残しながらも最終的にはマドリッドへと旅立ってしまった。クラブのシンボルだったフィーゴの裏切りにサポーターは激怒。ユダ(=裏切り者)、ペセテーロ(=守銭奴)と同選手を罵った。

さらにフィーゴが経営するバルセロナ市内の日本料理店は破壊され、移籍後初のカンプ・ノウで行われたクラシコでは、同選手がCKを蹴る際にスタンドから豚の首が飛ぶなどサポーターの怒りは収まらず。両者の溝は深く、今も根強く残っている。

◆批判には結果と態度で応える!?
Getty Images
フィーゴと同様に禁断の移籍として有名なのがルイス・エンリケだろう。1991年にスポルティング・ヒホンからマドリーに加入したルイス・エンリケは、在籍した5シーズンでリーガエスパニョーラやコパ・デル・レイのタイトルを獲得。しかし、ヒホン時代にストライカーとして活躍していたルイス・エンリケは、マドリーで守備的なポジションを任されており、この起用法に不満を持っていた。

すると1996年、ルイス・エンリケは宿敵であるバルセロナへの移籍を決断する。当然、マドリーのサポーターはこの裏切り行為を非難。一方のバルセロナサポーターも宿敵から来た選手に対して厳しい目を向けていた。

しかし、加入初年度に17ゴールを挙げて結果を示し、さらにはカタルーニャ語を学ぶなどバルササポーターの心を掴んだ。キャリア終盤にはアスルグラナのキャプテンを務め、2004年にバルセロナで現役を引退。2008年からはバルセロナBの指揮官としてクラブに戻り、2014-15シーズンからはトップチームを指揮。2014-15シーズンにリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグの3冠を達成するなど9個のタイトルをクラブにもたらした。

◆監督、会長との衝突でライバルチームへ
Getty Images
“ロンダー・エンゲル(金髪の天使)”の異名を持ったベルント・シュスターも禁断の移籍組。1980年にバルセロナに加入すると、在籍した8シーズンでリーガエスパニョーラを1回、コパ・デル・レイを3回制覇するなど欠かせない選手となっていた。

ところが1986-87シーズンは、テリー・ヴェナブルズ監督と衝突。このことが原因となり、ジョセップ・リュイス・ヌネス会長の逆鱗に触れてしまい、公式戦に一度も出場できなかった。翌シーズンは45試合13ゴールと結果を残したが、会長との溝は埋められず宿敵・マドリーへと移籍。反発するサポーターもいたが、チームから締め出されていたシュスターの境遇に同情する者も多かった。マドリー加入後は、2シーズンで2度のリーガエスパニョーラ制覇と、コパ・デル・レイ優勝に貢献し、移籍が正しかったという結果になった。

◆史上初の1人リーガ5連覇達成!?
Getty Images
最後は、ジャパンフットボールリーグ時代のヴィッセル神戸でもプレーしたミカエル・ラウドルップ。1989年にヨハン・クライフの“エル・ドリーム・チーム”へと加入したラウドルップは、リーガエスパニョーラ4連覇、チャンピオンズカップ(現CL)初制覇に貢献した。しかし、クライフはラウドルップに対して「終わった選手」と名指しで批判。突然の戦力外通告を受けたラウドルップは、1994年にマドリーへと移籍した。

最大のライバルへ移籍したことにより、バルセロナのサポーターから激しい非難に晒されたラウドルップだったが、これに屈することなくマドリーの主力としてプレー。するとバルセロナの5連覇を阻み、1989-90シーズン以来となるリーガエスパニョーラ制覇に貢献。ラウドルップ自身はバルセロナ時代から含めて個人でリーガ5連覇を達成した。これは史上初の快挙であり、達成したのはラウドルップのみとなっている。

◆禁断の移籍はバルサ⇒マドリーが多い!?
最後に、これまで両クラブで行われた禁断の移籍を振り返ると、合計で20件が行われた。そのうち、フィーゴのようにバルセロナから直接レアル・マドリーへ移籍したのは17名。一方、ルイス・エンリケのようにマドリ―からバルセロナに直接加入したのは3名となっており、大半がバルセロナからマドリ―への移籍となっている。


ちなみにロナウドのように、バルセロナから間に他のクラブを挟んでマドリーに加入した選手は4名。サミュエル・エトーのようにレアル・マドリーから間に他のクラブを挟んでバルセロナに加入した選手は9名となっており、両クラブでプレーしたことがある選手は全部で33名となっている。今冬の移籍市場で、バルセロナがパリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの獲得に動きを見せていると報じられており、34件目の禁断の移籍は行われるのだろうか?