セリエA第18節、ユベントスvsローマが日本時間23日の28:45にキックオフされる。2位ユベントスと4位ローマによる優勝を争う両チームによる上位対決だ。

前節ボローニャ戦をピャニッチの1ゴール1アシストなどで3-0と快勝して2位に浮上したユベントス(勝ち点41)は、首位のナポリを1ポイント差で追う。そのユベントスは水曜日に行われたコッパ・イタリアのジェノア戦をここ数試合ベンチに回っていたディバラの1ゴール1アシストの活躍で勝利。エースの約1カ月ぶりのゴールがあった中、ディフェンス面もバルセロナ戦以降、公式戦7試合連続シャットアウトと昨季の堅守が復活している。攻守に完成度を増している中、優勝を争うライバルから勝利となるか。

一方、ペロッティのPK失敗などもあってカリアリに大苦戦しながらも追加タイムのファシオ弾で辛勝した4位ローマ(勝ち点38/未消化1試合)は、水曜日に行われたコッパ・イタリアのトリノ戦を1-2で落とした。とはいえ、主力を温存しており、ユベントス戦への影響は少ないはず。格下相手に公式戦ここ4試合1ゴール以下と得点力が減退している中、勝利すれば消化試合が1つ少ないながらユベントスと勝ち点で並ぶ大一番を制すことはできるか。

◆ユベントス◆
【4-3-2-1】
(C)CWS Brains,LTD.
ユベントス予想スタメン
GK:シュチェスニー
DF:リヒトシュタイナー、ベナティア、キエッリーニ、アレックス・サンドロ
MF:ケディラ、ピャニッチ、マテュイディ
FW:ディバラ、ドグラス・コスタ
FW:イグアイン
負傷者:GKブッフォン、DFデ・シリオ、DFヘヴェデス、FWピアツァ
出場停止者:なし
ブッフォンとデ・シリオが負傷で欠場する。一方で出場が微妙とされたクアドラードとマンジュキッチは起用できる見込み。システムはここ最近定着しつつある[4-3-3]をイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は予想し、ここ最近ベンチスタートが続いているディバラをスタメン予想としている。

◆ローマ◆
【4-3-3】
(C)CWS Brains,LTD.
ローマ予想スタメン
GK:アリソン
DF:フロレンツィ、マノラス、ファシオ、コラロフ
MF:ナインゴラン、デ・ロッシ、ストロートマン
FW:エル・シャーラウィ、ゼコ、ペロッティ
負傷者:FWデフレル
出場停止者:なし
ユベントスとは違い、主力に負傷者や出場停止者はおらず、ベストメンバーで臨める状況だ。

★注目選手
◆ユベントス:MFミラレム・ピャニッチ
Getty Images
前節1ゴール1アシストと活躍したピャニッチを注目選手に挙げたい。前節ボローニャ戦で得意とする直接FKを厳しい角度から叩き込んだピャニッチは、マンジュキッチのゴールも絶妙フィードで演出した。ここ数試合[4-3-3]の中盤アンカーで起用されているピャニッチは、シンプルなパス捌きでチームにリズムを与えている存在。今季ここまでリーグ戦で3ゴール8アシストとゴールに直結するプレーを続けている元ローマMFだが、古巣相手にもゴールにつながるプレーを見せられるか。

◆ローマ:FWエディン・ゼコ
Getty Images
一方、ローマの注目選手にはピャニッチと同胞のゼコを挙げたい。昨季までの堅守を取り戻した感のあるユベントスに対し、ローマとしては昨季得点王であるゼコの活躍が勝利に向けて必須条件となる。今季ここまでリーグ戦で8ゴールを挙げているゼコだが、第8節以降の10試合で1ゴールと不振に喘いでいる。そのゼコに対するのはナポリ戦でメルテンスを、インテル戦でイカルディを封殺したベナティア&キエッリーニとなるが、彼らを攻略してチームを勝利に導くゴールを奪えるか。