スペイン『Don Balon』は、レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)にマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が高まっていると報じた。

2013年夏のレアル・マドリー加入以来、故障癖がとどまるところを知らないベイル。移籍に関する報道も熱を帯び、古巣トッテナムとユナイテッドのプレミアリーグ勢が獲得レースを繰り広げているとの見方が強まっている。

そうした中、渦中のベイルが動いたようだ。レアル・マドリーに対して、今シーズン終了後の退団および、古巣トッテナムではなく、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるユナイテッド移籍希望を伝えたという。

だが、レアル・マドリーはベイルの売却額に関して、獲得時の移籍金に匹敵する8000万ポンド(約121億円)を要求。ユナイテッドは5300万ポンド(約80億1000万円)しか投じる意向がないとみられる。