カマタマーレ讃岐は23日、FC町田ゼルビアに所属するFW重松健太郎(26)の完全移籍加入を発表した。

重松は、FC東京、アビスパ福岡、ヴァンフォーレ甲府、愛媛FC、栃木SCを経て、2015年から町田でプレー。2017シーズンは明治安田生命J2リーグ23試合3ゴールをマークした。移籍決定を受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

「カマタマーレ讃岐のファン・サポーターの皆様、初めまして。この度FC町田ゼルビアから加入することとなりました重松健太郎です。自分の持ち味を活かして、讃岐の勝利のために全力でプレーします! 温かい応援をよろしくお願いします!!」