第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会の準決勝、横浜F・マリノスvs柏レイソルが23日に等々力陸上競技場で行われ、延長戦の末に2-1で横浜FMが勝利した。

明治安田生命J1リーグを5位で終えた横浜FMと同4位フィニッシュの柏が決勝進出を懸けて激突した。横浜はGK飯倉以下、最終ラインに松原、中澤、パク・ジョンス、下平。中盤の底に扇原と中町が入り、ワントップに配したウーゴ・ヴィエイラの後方に右からマルティノス、天野、山中を並べた。対する柏のGKは好調の中村で、最終ラインに小池、鎌田、中山、輪湖を並べる。中盤の底に大谷とキム・ボギョンを配し、2列目に伊東、中川、ハモン・ロペスを起用。最前線にクリスティアーノが入った。

試合は、より積極的な入りを見せた柏が早い時間帯に先行する。11分、ゴール正面のロングレンジからフリーとなったハモン・ロペスが左足を一閃。強烈なブレ球のシュートがゴール右上に突き刺さり、柏がスーパーゴールでリードを手にした。

前半の半ばにかけては横浜FMが徐々にボール保持で優位となったが、柏もカウンターをベースに牽制する。35分には柏に2点目の好機。ボックス右からクリスティアーノが枠内に鋭いシュートを飛ばしたが、これはGK飯倉に弾かれた。

前半終盤の42分にも柏にチャンスが訪れる。右サイドの高い位置でパク・ジョンスからボールを奪取したクリスティアーノがボックス右に侵入。そのままシュートに持ち込んだが、これは枠を捉えることができない。

迎えた後半、ビハインドを背負う横浜FMは早々にアクシデント。扇原が負傷でプレー続行不可能となり、代わりに伊藤が投入された。伊藤はトップ下の位置に入り、これに伴い天野がポジションを一列下げた。

終盤にかけては一進一退の攻防が繰り広げられる。そんな中、横浜FMは70分のチャンスをモノにする。左サイドから下平が鋭いクロスを入れると、正面の伊藤がヘッド。これが決まり、横浜FMが1-1のタイスコアとする。

後半アディショナルタイムには遠めの位置から山中が強烈な直接FKで枠内を強襲するが、柏GK中村のセーブに遭って横浜FMの勝ち越し弾とはならない。90分で決着はつかず、勝負は延長戦へ。

延長戦前半は柏が攻勢に出る。延長前半11分には右サイドからのクロスにニアで武富が飛び込む。ダイレクトボレーが枠を捉えるが、これはGK飯倉のファインセーブに遭った。

迎えた延長後半も拮抗した展開でPK戦にもつれ込まれると思われた中、終盤にゴールが生まれる。延長後半13分、遠藤の仕掛けのパスからボックス中央でボールを受けたウーゴ・ヴィエイラがキレのある動きから鋭いシュートを突き刺した。

試合終了間際、柏はキム・ボギョンがゴール至近距離でバイシクルシュートを放つも、GK飯倉がビッグセーブ。逃げ切った横浜FMが優勝した2013シーズン以来となる決勝進出を決めた。決勝では準決勝でヴィッセル神戸を退けたセレッソ大阪と埼玉スタジアム2002で元日に相まみえる。