ユベントスに所属するドイツ代表MFサミ・ケディラが人気サッカーゲーム『FIFA18』のアップデートに満足感を示している。

EAが提供する世界的な人気を誇るサッカーゲーム『FIFA18』。3Dスキャン撮影によって選手のゲーム内での容姿をリアルに再現しているが、2015年から短髪にしているケディラの髪はそれ以前の長髪のままのデータが使用されており、これに対してケディラ自身もツイッター(@SamiKhedira)でFIFAシリーズの公式アカウント(@EASPORTSFIFA)宛てに不満を漏らしていた。

そんな中、EAは12月上旬にアップデートを実施。すると、これまで長髪だったゲーム内のケディラの頭髪が、短髪に変化した。これにはケディラも満足したようで、ゲーム内の自身を映し出したTV画面と共に写真撮影。ツイッターで以下のようにメッセージを送っている。

「かなりリアルになったと思わないかい? 修正してくれたEAには感謝するよ。そして、僕は髪をブロンドに染めないことを約束しよう」