セビージャは23日、アルゼンチン人MFワルテル・モントーヤ(24)の完全移籍に関してメキシコのクルス・アスルと合意に達したことを発表した。同選手はメディカルチェック後にクルス・アスルの一員となる。

ロサリオ・セントラルの下部組織出身で、2014年にトップチームに昇格した右サイドハーフのモントーヤは、今年1月に4年半の契約でセビージャに加入。だが、度重なる負傷やパフォーマンスレベルの問題で加入以降、公式戦の出場はわずか7試合にとどまっていた。