エイバルは22日、先日にエスパニョールとの契約を解消した元セネガル代表MFパペ・ディオプ(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月までの1年半となるが、さらに1年の契約延長オプションが付随している。

これまでラシンやレバンテ、エスパニョールとスペインのクラブを渡り歩いてきた守備的MFのディオプだが、今シーズンはエスパニョールでリーグ戦5試合の出場に留まっていた。そこで出場機会を求める同選手は、今季限りとなっていたクラブとの契約を半年前倒しで解消し、エイバルに加入することを選択した。

なお、エイバルではすでにバレンシアからチリ代表MFファビアン・オレジャーナ(31)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得しており、ディオプは今冬2人目の新戦力となる。