プレミアリーグ第19節、レスター・シティvsマンチェスター・ユナイテッドが23日にキング・パワー・スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。なお、レスターのFW岡崎慎司は67分から途中出場した。

前節、クリスタル・パレス相手に0-3の完敗を喫して連勝が4試合でストップした8位のレスター(勝ち点26)は、ミッドウィークに行われたEFLカップ準々決勝でもPK戦の末にマンチェスター・シティに敗れて公式戦2連敗。必勝を期すユナイテッドとのホームゲームに向けてはシティとのEFLカップから先発7人を変更。ヴァーディやマフレズ、グレイ、モーガンら主力が先発に復帰し、シティ戦で120分間プレーした岡崎はベンチスタートとなった。

一方、前節ニューカッスルに辛勝してリーグ連勝を飾った2位のユナイテッド(勝ち点41)だが、ミッドウィークのEFLカップ準々決勝では2部のブリストル・シティ相手にまさかの不覚を取り、大会連覇の可能性が消滅。その敗戦からのバウンスバックを目指す今節では、リンデロフ、ポグバ、マルシャルを除くスタメン8人を変更。前節、負傷中のバレンシア、バイリーに代わってリンデロフ、スモーリングを起用した以外、ベストメンバーを起用した。

戦前の予想通り、アウェイのユナイテッドが押し込む入りとなる。開始5分にはボックス手前でルカクからパスを受けたリンガードが枠を捉えたミドルシュートを放つが、これはGKシュマイケルが見事なワンハンドセーブで阻む。続く8分にはポグバが地を這う左足のミドルシュートを狙うが、これもシュマイケルが冷静にキャッチする。

一方、相手に押し込まれながらも要所でカウンターを仕掛けるレスターは、グレイが幾度か相手陣内までボールを運ぶ場面を作るが、判断が遅くチームとしてフィニッシュまで持ち込めない時間帯が続く。しかし、対トップ6で圧倒的な勝負強さを見せるエースFWが先制点をもたらす。

27分、自陣中央でエンディディが前線へロングフィードを送る。これに反応したマフレズがDFスモーリングに走り勝ってボックス手前でキープ。そして、自身の左を猛スピードで走り抜けたヴァーディへ丁寧なラストパスを送ると、最後は冷静に左足のシュートを右隅へ流し込んだ。

相手の策略にハマって先制点を許したユナイテッドは、すぐさま反撃を開始。しかし、ややアイデアを欠く単調な攻撃はレスターの守備にことごとく跳ね返される。それでも、前半終了間際の40分にはボックス付近でマティッチ、ポグバ、マタと繋ぎ左サイドのマルシャルが速いクロス。これをボックス中央のリンガードが短くマイナスに落とすと、マタがグラウンダーのコントロールシュートをゴール右隅へ流し込んだ。

マタの同点ゴールによって1-1のイーブンで折り返した試合は、後半立ち上がりも互いに決定機を作り合う。53分、ボックス右でマフレズがグラウンダーで折り返すと、中央のグレイは合わせ切れないが、抜けたボールがフックスに渡る。だが、フックスの左足シュートはDFリンデロフの身体を張ったブロックに遭う。直後にはルカクの浮き球クロスでオフサイドラインをかいくぐったマルシャルがボックス内でGKと一対一もシュートを焦って枠外に外してしまう。

その後も拮抗した展開が続く中、ユナイテッドが均衡を破る。60分、ボックス手前やや右の位置でマルシャルが倒されてFKを獲得。ここでキッカーのマタが左足で直接狙うと、壁の上を抜いたシュートがゴール右上隅に突き刺さった。

マタの見事な直接FKによるこの試合2点目によって逆転を許したレスターは、負傷したシンプソンの代わりに投入していたアマルテイに続き、67分にイボーラを下げて岡崎を投入した。だが、73分には続けて警告を受けたアマルテイが退場となり、数的不利を背負うことになる。

一方、追加点を奪って試合を決めたいユナイテッドだが、72分にルカクのスルーパスに抜け出したリンガードが右ポストにシュートを当て78分には途中出場のラッシュフォードが数的優位のカウンターの場面でチャンスを逃すなど、3点目が遠い。

試合終盤にかけて長身センターバックのマグワイアを前線に上げたパワープレーでレスターが反撃を試みる中、逃げ切りを図るユナイテッドにアクシデントが発生。3枚の交代カードを切った試合終盤にスモーリングが足を負傷。だが、モウリーニョ監督はスモーリングをそのまま最終ラインでプレーさせる選択を行う。

すると、この選択が裏目に。後半アディショナルタイム4分、レスターが左サイドからオルブライトンが右足でファーを狙ったクロスを供給。すると、大外でスモーリングを振り切ったマグワイアの右足ワンタッチシュートがゴールに決まり、土壇場でレスターに同点ゴールが生まれた。そして、試合はこのまま2-2で終了を迎え、10人のレスターが価値ある勝ち点1を手にした。一方、土壇場で勝ち点2を逃したユナイテッドは、首位シティとの勝ち点差が「13」に広がった。