名古屋グランパスからの大型オファーが報じられたコリンチャンスの元ブラジル代表FWジョー(30)が、移籍についてコメントした。ブラジル『グローボ』が報じた。

『グローボ』は22日、名古屋とコリンチャンスが元ブラジル代表FWジョー(30)の移籍交渉において、1100万ユーロ(約14億7000万円)で合意。26日にメディカルチェックを受ける見通しと報じた。

この報道を受けたジョーが、移籍についてコメント。交渉中であることを認めたが、明言は避けている。

「オファーはあるし、現在進行中だ。でも一番良いタイミングで僕は話すだろう」

『グローボ』によると、ジョーは現在リオ・デ・ジャネイロで休暇中。1週間前に生まれたばかりの息子とともにクリスマスを過ごす予定だが、26日にもメディカルチェックの結果が発表される可能性があるとのことだ。

今回の移籍は、コリンチャンスにとって財政面ではいい話だが、チームの戦力としては痛手となる。ジョーにとっても年俸が倍増することになるため、断りにくいオファーだとされている。果たして、元セレソン選手がJリーグにやってくるだろうか。