「クラシコ祭」と題したリーガエスパニョーラ第17節のレアル・マドリーvsバルセロナのパブリックビューイングイベントが23日に六本木のニコファーレでで開催された。

リーガエスパニョーラの君主に君臨するレアル・マドリーとバルセロナによる世界最高峰の一戦は、今回で237回目の開催。今シーズン最初の伝統の一戦は、FWルイス・スアレス、FWリオネル・メッシ、DFアレイシ・ビダルのゴールにより、バルセロナが敵地で宿敵レアル・マドリーに快勝し、リーグ首位固めに成功した。

イベント開催前には、FC東京の日本代表DF太田宏介の他、女優やタレント、モデルとして活躍するWOWOWリーガールの松田るかさん、同じく女優やタレント、モデルでレアル・マドリーファンのSHO-NOさんが囲み取材に応対。記者から飛ぶ質問の間に、サッカーを勉強中の松田るかさんが太田に「サッカー通になれる秘訣」を問うと、冗談を交えながらJリーグでプレーする選手らしく次のように伝授した。

「まず『クラシコ』っていう言葉だけ覚えてもらって、その他にも『多摩川クラシコ』っていうダービーマッチがあるんです(笑)」

「JリーグのFC東京と、川崎フロンターレっていうチームがあるんですけど、多摩川を挟むライバルって言われていて、日本にもクラシコもあるということを覚えてもらいたいです」

「そっち(多摩川クラシコ)が(クラシコの)発祥っていう噂もあるので、まず『クラシコ』という単語を覚えていただければ」