セレッソ大阪は24日、MF清武弘嗣(28)、MF山内寛史(22)、MF西本雅崇(21)、FW米澤令衣(21)ら4選手との契約を更新したことを発表した。

清武は今シーズン5年ぶりにC大阪に復帰。しかしスタメンの座を掴むことが出来ず途中出場が多かった。今季の明治安田生命J1リーグでは18試合に出場し6得点を記録した。

早稲田大学を卒業後、今シーズンにC大阪でプロキャリアをスタートさせた山内は、今季はC大阪U-23でプレー。明治安田生命J3リーグで6試合に出場し2ゴール1アシストを記録した。

西本はセレッソサッカースクール出身で2015年にトップチームに昇格。今シーズンは主にU-23C大阪でプレーし、J3リーグでは27試合の出場で5ゴール1アシストをマークした。

2015年に加入した今季前半はレノファ山口へ期限付き移籍。16試合に出場した後、9月に復帰して以降はU-23C大阪でJ3リーグ12試合に出場し5ゴール3アシストの成績を残した。