前節は首位のマンチェスター・シティがボーンマスを下して破竹のリーグ17連勝を達成。アーセナルvsリバプール、そしてマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーが揃って引き分けに終わり、シティ独走態勢に拍車がかかっている。今節は、ボクシング・デイ開催となる。

シティ(勝ち点55)は前節、ボーンマスをホームで4-0と一蹴。アグエロの2発とスターリングの今季12得点目、ダニーロにもゴールが生まれ、驚異のリーグ16連勝を記録した。今節の相手は、今季まだ未対戦の15位ニューカッスル(勝ち点18)。前節に10試合ぶりとなる白星で連敗を4試合で止めた相手とのアウェイ戦だけに気は抜けないが、18連勝達成に向けて優位は揺るがない。

2位のユナイテッド(勝ち点42)は、前節のレスター・シティ戦を2-2で引き分け、シティとの勝ち点差を13ポイントまで広げられた。先制される展開の中、マタの2発により逆転し、さらに数的優位も得たチームだが、アディショナルタイムでの被弾は後を引きそうな敗戦。バーンリー(勝ち点32)は前節にスパーズに敗れたものの、ここまで9勝5分け5敗で7位と侮れない相手だけに、ここはモウリーニョ監督がきっちりと締めて勝ち点3を手にしたい。

3位のチェルシー(勝ち点39)は、12位のブライトン(勝ち点21)をホームに迎える。前節は出場停止でモラタを欠いたことも痛く、エバートンを相手にゴールレスドローで連勝ストップ。前節のワトフォード戦で8試合ぶりの勝利を挙げたブライトンだは、チェルシーとしては6位のアーセナルまで5ポイント圏内の状態だけに、ホーム戦のここは勝利必須だ。

4位のリバプール(勝ち点35)は、最下位に沈むスウォンジー(勝ち点13)とのホーム戦だ。前節のアーセナル戦はコウチーニョとサラーのゴールで2点をリードしながらも、そこから約5分間で3失点。その後にフィルミノの得点で追いついたが、試合をコントロールする術を手にしたい。その中で、アーセナル戦でヘンダーソンが負傷交代したことは痛い。主将不在の中、クレメントを解任したスワンズに順当勝利となるか。

5位のスパーズ(勝ち点34)は、13位と伸び悩むサウサンプトン(勝ち点19)とのホーム戦。スパーズは前節、バーンリーにケインのハットトリックで3-0と快勝しており、シティ戦の惨敗を払拭した。そのケインに吉田がどのように相対するか注目だ。そのほか、ここ5戦で1勝にとどまるアーセナル(勝ち点34)は、16位クリスタル・パレス(勝ち点18)とのアウェイ戦。岡崎所属のレスター(勝ち点27)は10位のワトフォード(勝ち点22)とアウェイで対戦する。

◆プレミアリーグ第20節
12/26(火)
《21:30》
トッテナム vs サウサンプトン
《24:00》
ボーンマス vs ウェストハム
チェルシー vs ブライトン
ハダースフィールド vs ストーク・シティ
マンチェスター・ユナイテッド vs バーンリー
ワトフォード vs レスター・シティ
WBA vs エバートン
《26:30》
リバプール vs スウォンジー

12/27(水)
《28:45》
ニューカッスル vs マンチェスター・シティ

12/28(木)
《29:00》
クリスタル・パレス vs アーセナル