セルティックは28日、U-21スコットランド代表DFアンソニー・ラルストン(19)と2022年まで契約延長したことを発表した。

セルティックの下部組織出身のラルストンは、2015年にトップチームに昇格。昇格直後にスコティッシュ・リーグ2 (4部相当)の所属していたクイーンズ・パークに半年間のレンタル移籍で加入。2016年1月に復帰すると、同年5月11日に行われたセント・ジョンストン戦でトップチームデビューを飾った。

今シーズンは公式戦7試合に出場。9月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節のパリ・サンジェルマン戦では、右サイドバックとしてCLデビュー。試合ではブラジル代表FWネイマールと激しいマッチアップを繰り返し、ネイマールから握手とユニフォーム交換を拒否されるなど、一躍話題となった。

なお、ラルストンにはエバートンなどプレミアの数クラブが獲得に興味を示してた。