アウグスブルクに所属するドイツ人DFフィリップ・マックス(24)が、イングランドの強豪クラブから注視されているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。

『キッカー』によると、2022年までアウグスブルクとの契約を残すマックスには、マンチェスターの両クラブやチェルシーなどプレミアの強豪クラブが獲得に興味を示しており、昨年12月には各クラブのスカウトがマックスの視察に訪れていたという。

ユース時代に1860ミュンヘン、バイエルン、シャルケと渡り歩いたマックスは、2014年3月にシャルケでトップチームデビュー。翌年にカールスルーエに移籍すると、左サイドバックとしてリーグ戦22試合に出場。主力としてクラブの昇格プレーオフ進出に貢献した。

カールスルーエでの活躍が認められ、2015年8月にアウグスブルクに加入するも、今季開幕までは2シーズンで公式戦53試合に出場し1ゴール3アシストと目立った活躍を見せていなかった。しかし、今季はリーグ戦17試合の出場で1ゴール10アシストをマークしており、第17節終了時点でブンデスリーガのアシストランキングトップに立っている。