◆ジョゼップ・グアルディオラ
【Profile】
国籍:スペイン
誕生日:1971/1/18
クラブ:バルセロナ、ローマ、アル・アハリ他
ポジション:監督(現マンチェスター・シティ)
身長:180㎝
体重:76㎏

『今日の誕生日は誰だ!』本日、1月18日はシチズンズの指揮官、ジョゼップ・グアルディオラ監督

数多の才能を輩出したラ・マシア出身のグアルディオラ氏は現役時代の長くをバルセロナで過ごした。1990年にヨハン・クライフ監督の下でトップチームデビューを果たすと、1991-92シーズンからはレギュラーに定着。わずか20歳にしてリーガエスパニョーラとチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)優勝を果たした。

バルセロナで獲得したトロフィーの数は「13」を数え、リーグ戦6回、コパ・デル・レイ2回、チャンピオンズカップ1回、スーペルコパ4回の優勝を誇る。2001年にバルセロナを退団すると、その後はローマやブレシア、アル・アハリへと活躍の場を移し、メシキコのドラドス・デ・シナロアで現役を引退した。

引退後はすぐに指導者の道を歩んだ。2008-09シーズンに、それまでバルセロナBを率いていたグアルディオラ氏がトップチームの監督に抜擢されると、そのときチームの中核を担っていたロナウジーニョやデコ、サミュエル・エトーを構想外とし、下部組織出身の選手を中心としたチームを築いていった。

すると、2008年から2009年にかけて、リーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグ(CL)、スーペルコパ、UEFAスーパーカップ、クラブ・ワールドカップの6冠という史上初の偉業を達成。ジョゼップ・グアルディオラ監督の名を一気に世界に知らしめた。

4シーズンの在籍で実に「14」ものトロフィーをもたらしたグアルディオラ監督はその後、2013-14シーズンからバイエルンの監督に就任。1年目からスーパーカップやクラブ・ワールドカップ、ブンデスリーガ優勝を成し遂げると、そこからリーグ戦3連覇や2度のDFBポカール優勝など、3シーズンで7個のトロフィーを獲得した。

昨シーズンから指揮を執ったのはマンチェスター・シティ。世界最高監督は巨額な資金を投下し近年急激に力を付けたシチズンズを次のステップに選んだ。だが、就任1年目はプレミアリーグ3位、CLでもベスト16で敗退。グアルディオラ監督にとって初めて無冠に終わったシーズンだった。

それでも、指揮官の戦術が浸透した今シーズンは、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。第3節のボーンマス戦からチームはリーグ戦破竹の18連勝を記録。それまでアーセナルが保持していた14連勝の記録を大きく塗り替えた。自身がバイエルン時代に達成した欧州5大リーグの最多記録である19連勝にはあと一歩及ばなかった。

それでも、プレミアリーグをマッハのスピードで駆け抜けるシティは、このままの勢いが続けば、リーグ史上初の勝ち点100に到達することが出来るだろう。サッカー界の歴史を動かすのはまたしてもこの男なのかもしれない。

※誕生日が同じ主な著名人
シャルル・ド・モンテスキュー(『法の精神』著者)
おすぎ(タレント)
ピーコ(タレント)
衣笠祥雄(元プロ野球選手)
ビートたけし(お笑い芸人/映画監督/俳優)
森山良子(歌手)
片桐はいり(女優)
荒川良々(俳優)
パウロ・フェレイラ(元サッカー選手)
ロバート・グリーン(サッカー選手)
長谷部誠(サッカー選手)
リッカルド・モントリーボ(サッカー選手)
矢島慎也(サッカー選手)
ナチョ・フェルナンデス(サッカー選手)
知英(女優/歌手/元KARA)