ローマがブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)との契約延長交渉を進めているようだ。イタリア『calciomercato.com』が伝えている。

2016年夏にインテルナシオナウから800万ユーロ(約10億6000万円)でローマに加入したアリソンは、加入1年目こそポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(現ユベントス)のバックアッパーに甘んじたものの、今シーズンはここまでセリエAとチャンピオンズリーグ(CL)全試合に出場し、ここまでのチームMVP級の働きを見せている。

卓越したゴールキーピングに加え、足下の技術にも長けた現セレソンの正GKにはリバプールやパリ・サンジェルマン、レアル・マドリーといった国外のビッグクラブが来夏の獲得に動いているとも報じられている。

この状況を受けて、ローマは守護神の残留および安価での流出を避けるために大幅な昇給と高額な契約解除金の設定を目的として新契約の準備を進めているようだ。

『calciomercato.com』の伝えるところによれば、現行の契約で年俸150万ユーロ(約2億円)を受け取っているアリソン側は、ボーナス含め総額500万ユーロ(約6億6000万円)という3倍以上のサラリーアップを要求しているという。一方、ローマは同選手の契約解除金を9000万ユーロ(約120億円)に設定することを求めているようだ。

現時点でアリソンはローマ残留を希望しているものの、仮にローマが来季のCL出場権を逃がすようであれば、ファイナンシャル・フェアプレー問題を抱えるクラブが高額な換金対象として守護神の放出に踏み切る可能性は十分にある。