「2018Jリーグキックオフカンファレンス」が都内で行われた。

昨シーズンに引き続き仙台に留まることを決断したMF野津田岳人がクラブブースで取材に応対。自身初の二桁ゴールを個人目標とし、チームの躍進に意気込んだ。

◆MF野津田岳人(ベガルタ仙台)
キャンプの手応え、仕上がりについて
「仙台のキャンプは長い。1次キャンプで体力面を含めて身体をしっかり作り上げることができたし、2次、3次から時間をかけながら戦術面のすり合わせができた。だから、チームとしても仕上がりは良い」

──サンフレッチェ広島に戻る選択肢がある中での残留。決め手は
「色々なことがあったけど、その中でも仙台から『もう1年やってほしい』という熱意のある思いを伝えてくれたのが大きい。あと、もう1回このチームで上を目指したいという思いもあったので(残留を)決めた」

──何人か移籍した不安要素について
「もちろん、三田くんの存在はかなり大きかったので、簡単に埋められるかどうかはまだわからない。でも、また、新しい選手が入ってきて、また違う色を出せような手応えもある。すごく楽しみ」

──新戦力で印象的な選手について
「前線でコンビを組む阿部(拓馬)選手は印象的。まだコンビネーションというか、戦術的な部分はこれからだけど、その中でも個人で突破する能力はすごく高くて、自分にないもの。一緒にやっていて楽しいというか、やりやすい」

──昨年、少しずつ形になってきた攻撃的サッカーについて
「去年の後半戦あたりから手応えを感じた。それをベースに、今年の初めから続けて、さらに上乗せして色んな得点パターンを見せていきたい。それは目標」

──攻撃的サッカーで結果を出すことがテーマになりそうだが
「それは間違いない(笑) 去年は良い内容でも安い失点で勝ち点を落とした試合が多かったので、今年はチームとしてより意識していきたい」

──自身の目標とする数字は
「あまり具体的な数字を意識しているわけじゃけど、結果を求めるという部分で二桁を狙っていきたい。昨シーズン以上に自信がある。とても楽しみだし、必ず成し遂げたい」

──最後にサポーターにメッセージ
「去年の終わりからチームとして良いサッカーができていたが、自分はまだ満足してない。このキャンプでチームとしても個人としてもコンディションが上がってきているので、それを開幕戦から発揮していきたい」

「勝利をもたらせられるような結果を求めて頑張るので、自分の得点力や決定力に期待して応援してほしい」