「2018Jリーグキックオフカンファレンス」が都内で行われた。

ヴィッセル神戸のFW小川慶治朗がクラブブースで取材に応対。周囲の期待に「タイトル」で応えるとし、自身も「得点王を取れるように頑張る」と意気込みを語った。

◆FW小川慶治朗(ヴィッセル神戸)
──キャンプなどを終えてのチーム状態、手応えは
「やりたいことにチャレンジしているところで、壁にぶち当たってはいます。ただ、それは想定内ですし、継続していかなければいけません。ここで諦めたらやってきたことが意味なくなります。ゲームを通して上手くいったということはないんですが、チャレンジし続けているので、ここから良くなる一方だと思います」

──今シーズンは金曜日に開幕戦を迎えますが
「試合をやる上で曜日は関係ないです。ただ、一番違うのはサポーターの皆さんですね。スタジアムに来づらいというのがあると思います。声援は大きな力になりますし、平日ですが来てもらいたいなという思いがあります」

──開幕戦の相手のサガン鳥栖のイメージは
「手堅いサッカーをするイメージがあります。先制点が大事になると思いますね。先制されると5バックにして守って1-0で終えるというのも得意だと思うので、相手の得意なサッカーではなく、こちらがガンガン攻めて先制点を取ったら有利になると思います」

──新たな選手が入ったポジション争いもまた生まれるシーズンになります
「ポジション争いがなかったら成長しないと思います。ポジション争いが激化していますし、練習でもバチバチ、試合以上のゲームができています。それでチーム力が上がったら僕も成長できますし、より楽しいサッカーができると思います」

──昨シーズンと同様に、周りからの期待は大きいと思います
「いつも期待されながら良い結果を出せていないので、今年こそはという思いはみんなあると思います。選手も神戸に関わる人はみんな思っているので、タイトルという形で証明したいと思います」

──今シーズンの個人目標は
「攻撃的な選手なので、得点王は常に狙っています。二桁得点が必要なので、まずは二桁得点を目指して、さらに得点王を取れるように頑張ります」