「2018Jリーグキックオフカンファレンス」が都内で行われた。

V・ファーレン長崎のDF髙杉亮太がクラブブースで取材に応対。初のJ1での戦いに「良い活躍ができれば、もっともっとJリーグが盛り上がる」とコメント。「何よりも個の違いを痛感した」と課題も口にした。

◆DF髙杉亮太(V・ファーレン長崎)
──キャンプなどを終えてのチーム状態、手応えは
「新たなこと、4バックというのにチャレンジできるぐらいベースの部分が浸透しています。沖縄、鹿児島と良いキャンプを過ごせました」

──今シーズンはクラブ史上初のJ1挑戦となる大事なシーズンですが
「初めてJ1昇格するクラブが、このステージで良い活躍ができれば、もっともっとJリーグが盛り上がると思います。そういった意味でも、僕らは厳しい戦いが続くと思いますが、頑張っていかなければいけないと思います」

──高木琢也監督の下、J2で積み上げて来たものがある中で、J1昇格を掴みました。自信に感じている部分は
「通用するところだったりというのは、キャンプのトレーニングマッチでしっかりと確認できました。そういった部分は伸ばしていきたいです。何よりも個の違いを痛感したので、僕たちはもっと上げていかなければいけないのかなと思っています」

──今シーズンの個人目標は
「ケガをしないということですね。毎年よくケガをしてしまっているので、気をつけたいです。かなりの連戦になりますし、ちょっと離れてしまうと一気にシーズンが終わってしまいそうなので、しっかりとコンディションを整えて臨みたいです」

──ワールドカップもある中で特に前半戦は過密日程になりますが、J2での経験が生きる部分でもあるかなと思います
「そういった点では、長崎向きの日程であるとも考えています。次々と試合が来るわけですけど、目の前の試合をしっかりと見て、やっていきたいと思います」

──開幕戦の相手は昨シーズンJ2でも戦った湘南ベルマーレです
「昨シーズンは1度も勝っていない相手です。ここでしっかりと勝って、次に繋げていきたいですね」

──長崎県民の方も初のJ1ということで大きな期待を寄せていると思います
「昇格が決まってから、そういったことを感じる機会が多かったです。色々な方々の期待もあると思うので、そういった期待に応えられるように、そして長崎の方々が元気になってもらえるように、ピッチで結果を残していきたいです」

──隣県のサガン鳥栖もJ1でライバルとなります
「同じ九州なので、負けたくない部分もあります。ただ、J1の先輩なので、胸を借りるというか。共に上を目指していければと思います」