「2018Jリーグキックオフカンファレンス」が都内で行われた。

北海道コンサドーレ札幌のMF荒野拓馬がクラブブースで取材に応対。新たに指揮を執るミハイロ・ペトロヴィッチ監督のサッカーについて「攻撃的になったと思う」とコメント。ポジション争いに負けないと意気込んだ。

◆MF荒野拓馬(北海道コンサドーレ札幌)
──J1を戦った昨シーズンはいかがでしたか
「自分の中では充実したシーズンでした。自分の中ではJ2とJ1では、やっている感じが全然違いました。J1で色々な強いチームと戦ったりすることは、自分としても楽しかったですし、成長できたと思います。今年はもう1つランクアップして、活躍することをしっかりやっていきたいと思います」

──監督が交代した中で、キャンプを終えての手応えや感触は
「みんな監督が交代して、最初は戸惑う部分や戦術に対して難しい部分があったと思います。今はだいぶしっかりと理解していると思うので、開幕が楽しみです」

──選手の並びは今までと大きくは変わらないと思いますが、戦い方なので感じる変化はありますか
「自分たちがボールをしっかりと保持して、相手のゴールに向かっていく、相手の守備を崩すという点では、攻撃的になったと思いますし、ボールを保持することができるようになったと思います。そういった部分では、少し違う戦いが見せられるかなと思います」

──昨シーズンはJ1に残留するという目標を達成しました。今シーズンはより上を目指す戦いになると思いますが
「自分たちはまだ1年残留しただけなので、チャレンジャーだと思います。ただ、目標は高く持った方がチームとしても良いと思いますし、毎試合勝つような気持ちで1年間戦い抜けば、終わった時に良い順位にいると思います。自分たちのやっていることが上手くいかないときでも、自信を失くさずにチームが1つになって、1年間戦えればと思います」

──ホームゲームでは非常に良いイメージがあると思いますが、そういった部分は自信になったのでは
「北海道として札幌ドームに集まってみんなで戦うというのは、北海道ならではの強みだと思います。そういった部分を今年も力にしてホームは戦いたいと思います。アウェイも札幌のサポーターは色々なところに来ていただいてます。アウェイなのにホームのような雰囲気を作ってくれる試合が多いので、自分たちもしっかりと応えられるように、ホームだけじゃなくアウェイでも勝てるようにしっかりやりたいです」

──今シーズンの個人目標は
「ケガをしないです」

──選手も入れ替わり、ポジション争いなどの変化も起きると思います
「やっぱりポジション争いは厳しいです。ただ、チームにとってはレベルアップする上では大事なことだと思います。まずはそこに負けないで、自分が出た時に監督が求めていることをしっかりとやれるようにしたいと思います」