「2018Jリーグキックオフカンファレンス」が都内で行われた。

川崎フロンターレのFW小林悠がクラブブースで取材に応対し、個人のタイトルについては「おまけで個人のタイトルがついてくれば」とチームの結果が一番だと主張。また、昨シーズンにJ1昇格を果たした風間八宏前監督率いる名古屋グランパスとの戦いにワクワクと不安があることを明かした。

◆FW小林悠(川崎フロンターレ)
──ここまでゼロックス・ACLを戦ってのチームの仕上がり具合は
「結果は残念なものになっていますけど、1試合目よりも2試合目の方が良くなっています。しっかり軸というものがブレずにやっていけば結果もついてくると思います。とにかく今は前向きにやっています」

──昨シーズン初のタイトルを獲得しての今シーズンだが
「昨年は優勝しましたけど、悔しい思いをした大会もあります。チャレンジャーという気持ちを忘れずにまた優勝に向けて強い気持ちを持って臨みたいです」

──昨シーズンのMVP・Jリーグ得点王を獲得して自信は
「そこは昨年のことなのでもう考えてはいません。今年もチームのためにどうやって結果を残すかというのが一番です。そのおまけで個人のタイトルがついてくれば良いと思います。とにかくチームのタイトル獲得のために全力を尽くしたいです」

──ACL開幕戦を戦って
「やはり厳しい戦いになるなと感じています。僕自身、ACLはすごく好きな大会です。楽しみながら結果にこだわって優勝を目指していきたいです」

──FW大久保嘉人が復帰したが
「すごく良い選手なので、やはりやりやすいです。言うことはないですね(笑)」

──新戦力のフィットに向けて
「既存の選手たちと意思を合わせるためにコミュニケーションを取る部分は必要です。川崎Fはフリーの定義が違うので、相手が近くにいてもパスを出して良いという感覚の部分では話ができています。そこは心配していません」

──名古屋グランパスが昇格して風間八宏前監督との対戦も注目されると思うが
「自分が一番成長できたのは風間さんのサッカーがあったからだと思います。相手にしたらどういう感覚になるのかなという部分で、今からワクワクな気持ちと多少の心配はありますけど、しっかりと打ち負かしたいです」

──今シーズンの抱負
「個人としてはとにかく全試合に出ることです。チームとしては監督が言うように全てのタイトルを取りに行きたいと思います」