チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、バルセロナvsチェルシーが14日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが3-0で勝利した。この結果、2戦合計4-1としたバルセロナがベスト8進出を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

バルセロナ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 テア・シュテーゲン 6.0
相手の枠内シュートを冷静に阻止。ハイボールや飛び出しの判断も秀逸

DF
20 セルジ・ロベルト 5.5
早い時間帯のカードによってスピードに乗ったウィリアンやアザールの仕掛けに苦しんだ

3 ピケ 6.5
ジルーに対してタイトな寄せや身体を投げ出す決死のブロックでクリーンシートに貢献

23 ユムティティ 7.0
強さと速さ、巧さの三拍子そろった見事な守備で相手の攻撃陣に立ちはだかった

18 ジョルディ・アルバ 6.5
モーゼスの攻め上がりを受けてやや守備的にプレー。この試合ではメッシよりもイニエスタとのコンビプレーが機能

MF
11 デンベレ 6.5
先発起用に応え強烈なシュートで今季CL初ゴール。得意のドリブルや献身的な守備でも存在感

(→A・ビダル 5.5)
大勢が決した中、堅実に試合をクローズ

4 ラキティッチ 6.5
ブスケッツと良い距離感を保ちながら守備面で気を利かせた。マイボール時のパスコースを作る動きやサポートも良好

5 ブスケッツ 6.0
相手の攻撃を遅らせる絶妙な対応に加え、セカンドボールへの反応も素晴らしかった。それだけに負傷の程度が気がかり

(→アンドレ・ゴメス 6.0)
ゴールシーンで相手をうまく引っ張るなど、きっちり勝利に貢献

8 イニエスタ 6.5
負傷明けを感じさせない軽快な動きに加え、攻守の最終局面での正確なプレーが際立った

(→パウリーニョ 6.0)
中盤でのフィジカル勝負で持ち味を発揮

FW
10 メッシ 8.0
3男チーロ君の誕生を祝う2ゴール1アシストでCL通算100ゴールも達成

9 スアレス 7.0
味方を生かす絶妙なプレーで3点を演出。ストライカーとしての存在感も大きかった

監督
バルベルデ 7.0
デンベレの起用やイニエスタのギャンブル起用がハマり、文字通りの完勝でベスト8進出

チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 クルトワ 5.0
1失点目ではやや決め打ちの対応で股間を抜かれる。また、危険なパスミスでピンチも招いた

DF
28 アスピリクエタ 4.5
2失点目ではあっさりとした対応でメッシに抜かれ、3失点目に繋がるパスミスも犯した。ソリッドさを欠いた印象

27 A・クリステンセン 5.0
早々の失点によって周囲のサポートが少ない状況で相手攻撃陣と対峙。駆け引きで劣勢に

2 リュディガー 5.5
身体の強さを生かした守備でまずまず健闘。バー直撃のヘディングシュートも放った

MF
15 モーゼス 5.0
イニエスタとのスピードのミスマッチを生かして幾度も深い位置まで侵攻。ただ、その後の精度が低かった

(→ザッパコスタ 5.0)
展開的にできることは少なかった

4 セスク 4.5
痛恨のボールロストで2失点目を招くなど、古巣相手に低調な出来。攻撃面でも持ち味を出せなかった

7 カンテ 6.5
攻守両面で獅子奮迅の働き。不甲斐ない相棒セスクの空けた穴までカバー

3 マルコス・アロンソ 6.0
あわやゴールという際どい直接FKやインサイドに入って攻撃に絡むなど、良いアクセントに

FW
22 ウィリアン 6.0
鋭い仕掛けやパス、精度の高いシュートで1stレグ同様に最も相手の脅威となった

18 ジルー 4.5
前線で身体を張ったが、求められたフィニッシャーの役目をこなせず。連係ミスも散見

(→モラタ 5.0)
かつてのライバル相手に何もできなかった

10 アザール 5.0
相手の徹底マークに遭い、危険なエリアでなかなか良い形で仕掛けられず

(→ペドロ -)

監督
コンテ 5.0
完全に力負け。立ち上がりの失点でゲームプランが崩れたことが痛恨だった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
メッシ(バルセロナ)
CL通算100ゴールを含め圧巻の全ゴール演出でチームを見事に勝利に導いた。とりわけ、早い時間帯の先制点、嫌な流れになり始めたダメ押しの3点目と見事な勝負強さでエースとしての重責を果たした。

バルセロナ 3-0(AGG:4-1) チェルシー
【バルセロナ】
メッシ(前3)
デンベレ(前20)
メッシ(後18)