サウサンプトンは14日、新指揮官として、ウェールズ人のマーク・ヒューズ氏(54)を招へいしたと発表した。契約は今シーズンまでとなる。

サウサンプトンは、今シーズンからマウリシオ・ペジェグリーノ氏(46)を監督に招へい。だが、プレミアリーグ第30節終了時点で降格圏の18位クリスタル・パレス、19位ストーク・シティとわずか1ポイント差の17位に沈み、12日にペジェグリーノ氏の解任が発表されていた。

ヒューズ氏は、これまでウェールズ代表や、ブラックバーン、マンチェスター・シティ、フルアム、QPRの監督を歴任。2013年からストーク・シティを率いたが、今年1月に成績不振を理由に更迭されており、無所属の状態が続いていた。