アビスパ福岡は15日、元日本代表FW坂田大輔(35)の現役引退を発表した。4月1日にレベルファイブスタジアムで行われる明治安田生命J2リーグ第7節の栃木SC戦で現役引退セレモニーを行うことも併せて伝えている。

坂田は、横浜F・マリノスの下部組織から2001年にトップチームデビューを果たすと、2003年から2年連続のJ1リーグ年間優勝に貢献。その後、アリス(ギリシャ)、FC東京を経て、2012年から福岡入りし、2017シーズン限りで退団した。代表キャリアにおいては、2006年に日本代表デビューを飾り、1キャップをマーク。Jリーグ通算でJ1リーグ271試合48ゴール、J2リーグ187試合29ゴールを記録している。

17年間の現役生活に終止符を打つ決断を下した坂田は、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

「坂田大輔は2017シーズンを持ちまして現役を引退する事を決断しました。自分の進路をなかなか公表出来ず心配してくださっていた皆さんには申し訳ない気持ちで一杯です。アビスパ福岡を契約満了になり、その後も現役を続けたいとの思いでチームを探していましたが、自分にとっては想像以上に厳しい現実が待っていました」

「ただ決して強がりで言う訳ではありませんが、30歳を超えてから毎年常に引退の可能性もあるんだぞと自分に言い聞かせていました。後悔がないと言えば嘘になりますが、17年間大きな怪我もなくプロの世界で戦えた自分を誇りに思いたいです。アビスパ福岡、横浜F・マリノス、FC東京、アリスFCで関わった全ての皆さん、本当にありがとうございました。言葉だけでは伝えきれません。ただただ感謝です」

「そして自分がプロサッカー選手になるまで育ててくれた、野庭キッカーズ、横浜フリューゲルスジュニアユース、横浜F・マリノスユースの指導者と仲間達の皆さんありがとうございました。サッカー選手としての人生は終わりますが、この決断がまた次の道へのスタートになります。サッカー人として、サッカーに携わった仕事を。これから一生懸命に頑張っていきます! 17年間本当にありがとうございました!」

「そしてなんと嬉しい事にアビスパ福岡が引退セレモニーを4月1日の栃木戦後に行なってくれる事になりました。最後にもう一度皆さんとお会いして挨拶出来る事を非常に嬉しく思ってます。是非会場に足を運んでもらい栃木戦の最高の雰囲気のレベスタで勝利して 皆さんにご挨拶出来ればと思います。4月1日 レベスタで会いましょう!」