ナポリのスロバキア代表MFマレク・ハムシクは、まだスクデット(セリエA優勝)を諦めていない。同選手のコメントをイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えた。

ナポリは15日のセリエAでミランと引き分けた。一方で首位のユベントスは、サンプドリアに3-0で快勝。残り6節でナポリは勝ち点6差を追いかけることになっている。

それでも主将は諦めていない。「すぐに次のウディネーゼ戦を考えなければいけない。まだ数字の上で負けたわけじゃないよ。あと18ポイントあるんだ。最後の最後まで戦うよ」と語った。

首位ユベントスがなかなか勝ち点を落とさず苦しい状況のナポリ。望みをつなぐためには、勝ち続けるしかない状況だ。