ユベントスがマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャルの獲得に本腰を入れているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。

ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、マルシャルをあまり起用していない。そのため、今季終了後の移籍が話題になっている。これを受けて、以前から同選手に興味を示していたユベントスが本格的に動いているようだ。

ただ、現時点で争奪戦のポールポジションにいるのはバイエルンだという。ドイツ王者はフランク・リベリやアリエン・ロッベンの年齢が気になるところで、後継者としてマルシャル獲得の機会に関心を持っている。資金力もユベントスより充実しており、厳しい争奪戦が予想される。

ユベントスは、マルシャルがリヨンにいたときに獲得を試みたことがある。この機会を生かせるだろうか。