先週末に行われた第34節ではコパ・デル・レイ決勝開催に伴い、バルセロナvsビジャレアルとセビージャvsレアル・マドリーの2カードが延期され、上位陣では2位のアトレティコ・マドリーと4位のバレンシアが共にドローで足踏み。また、アラベスに0-4で大敗した19位ラス・パルマスが最下位マラガに続いて降格が決定した。

今節、最大の注目カードは首位のバルセロナ(勝ち点83)と、18位のデポルティボ(勝ち点28)による、優勝と降格が同時に決定する可能性を持つ一戦だ。先週末に行われたコパ決勝でセビージャに圧巻の5-0の大勝を収めたバルセロナはバルベルデ新体制初タイトルを獲得すると共に4連覇を達成。そして、2年ぶりの優勝まであと1ポイントに迫る中で今節では降格間近のデポルティボと敵地リアソールで対戦する。

今節の行方と共に注目を集めるのが27日に今後の去就を発表するMFイニエスタ。仮に、バルセロナ退団を選択した場合、同選手にとって愛するクラブでの最後のタイトルとなるだけに最高の形で優勝を飾りたいところだ。一方、17位のレバンテ(勝ち点37)と9ポイント差のデポルティボは金曜日に先にセビージャ戦を戦うレバンテが勝ち点1以上を奪った場合、敗れれば今節での降格が決定する絶体絶命の状況だ。それだけに、優勝目前の首位チーム相手に勝利が求められる。

一方、前節ベティス戦でのドローで逆転優勝の可能性がほぼ潰えた2位アトレティコ(勝ち点72)は、13位アラベス(勝ち点41)とのアウェイゲームに挑む。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグのアーセナル戦では開始10分でDFヴルサルコが退場となり、先制点まで奪われる苦境に立たされながらも、FWグリーズマンの劇的同点弾で1-1のドローに持ち込んだ。来週にホームでの重要な2ndレグを控えるだけに、アラベス戦では主力温存が濃厚だが、今節勝利を逃した時点でバルセロナの優勝が決定してしまうだけに、控え選手の奮闘で何とか意地を見せたい。

ミッドウィークに敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグをDFマルセロ、FWアセンシオのゴールで逆転し2-1で先勝した3位レアル・マドリー(勝ち点68)はCL3連覇に向けて重要な勝利を手にした。すでにトップ4フィニッシュをほぼ確定させているチームは来週ホームで戦う2ndレグに向けて大幅なターンオーバーが見込まれる。15位レガネス(勝ち点40)との自治州ダービーではバイエルン戦で出場機会がなかったMFベイルを始め、MFコバチッチやDFテオ・エルナンデス、DFバジェホらがピッチに立つ予定だ。

また、今節の勝利で来季CL出場権獲得が決定するバレンシア(勝ち点66)は、日本代表MF乾貴士を擁する12位エイバル(勝ち点43)と対戦する。直近2敗1分けと3試合勝利から遠ざかる中、まずは守備から試合に入って得意のカウンターでエイバルを仕留めたい。一方、前節ヘタフェに敗れてEL出場権獲得が大きく遠のいたエイバルだが、数字上の可能性がなくなるまで全力で戦いたい。その一方で、2試合連続欠場となっている乾の状況は気がかりだ。

また、逆転でのEL出場権獲得を目指す8位のヘタフェ(勝ち点48)は、勝ち点1差で9位のジローナとの中位対決に臨む。乾同様に直近3試合連続で出場機会がないMF柴崎岳はチームが3連勝中ということもあり、引き続きベンチからチャンスを窺うことになる。

《リーガエスパニョーラ第35節》

4/20(金)
《28:00》
レバンテ vs セビージャ

4/21(土)
《20:00》
エスパニョール vs ラス・パルマス
《23:15》
レアル・ソシエダ vs ビルバオ
《25:30》
レアル・マドリー vs レガネス
《27:45》
ビジャレアル vs セルタ

4/29(日)
《19:00》
ヘタフェ vs ジローナ
《23:15》
アラベス vs アトレティコ・マドリー
《25:30》
バレンシア vs エイバル
《27:45》
デポルティボ vs バルセロナ

4/30(月)
《28:00》
ベティス vs マラガ