ザスパクサツ群馬は4日、アルビレックス新潟からDF長谷川巧(19)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2019年1月31日まで。

新潟下部組織出身で2015年から2年間2種登録されていた長谷川は、2017年にトップチーム昇格。プロ1年目となった昨シーズンにはYBCルヴァンカップに4試合、天皇杯に1試合出場。今シーズンはここまでYBCルヴァンカップに2試合、天皇杯に1試合出場していた。

群馬への期限付き移籍が決定した長谷川は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆ザスパクサツ群馬
「ザスパクサツ群馬のファン・サポーターのみなさん、アルビレックス新潟から育成型期限付き移籍で加入しました、長谷川巧です。J2昇格に向けて少しでもチームの力になれるように一生懸命がんばります。応援よろしくお願いします」

◆アルビレックス新潟
「この1年半、新潟で活躍できずに悔しいです。それでも、ずっと新潟にいて新潟の景色しか分からない自分にとって、外の環境でサッカーに取り組みたいとも思い、移籍することを決めました。選手である以上、試合に出たい思いが強い中、群馬から声をかけてもらったことを感謝しています。また新潟に戻ってくるためのいい期間にしたいと思っています。これからも応援をよろしくお願いします」