ボーンマスは6日、イングランド代表MFルイス・クックが右ヒザの前十字靭帯断裂によって6〜9カ月の離脱となることを発表した。

クックは4日に行われたプレミアリーグ第15節ハダースフィールド戦でフル出場していたが、試合後の検査で重傷を負っていたことが判明した。

セントラルMFを主戦場とする21歳のクックは、今季のプレミアリーグで13試合に出場。7位と健闘しているチームの主力として活躍し、今年3月にはイングランド代表デビューを飾っていた。