SC相模原は7日、DF保崎淳(31)との契約が満了になり、来シーズンの契約を結ばないことを発表した。

保崎は流通経済大から2009年に水戸ホーリーホックへ加入。その後、2012年にザスパクサツ群馬、2014年にツエーゲン金沢へ移籍し、東海1部のFC鈴鹿ランポーレを経て2016年に相模原に入団していた。今シーズンは、公式戦23試合に出場している。

保崎は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。

◆DF保崎淳
「この度相模原を退団することになりました。相模原での3年間、自分をサポートしてくれた皆さんには、本当に感謝しています。これからもサッカーを続けていきたいと思います。今後も応援よろしくお願いします」