アーセナルが、ベンフィカからフランクフルトにレンタル移籍しているセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)に関心を寄せているようだ。スペイン『マルカ』の情報をもとにイギリス『メトロ』が伝えている。

セルビアの名門ツルヴェナ・ズヴェズタで育ったヨビッチは、2016年2月にベンフィカに移籍し、2017年夏以降はフランクフルトに武者修行に出ている。昨シーズンはブンデスリーガ22試合で8ゴールという成績だったが、今シーズンはここまでリーグ戦22試合に出場し15ゴール6アシストとブレイク中だ。

今回伝えられるところによれば、アーセナルは獲得に向けヨビッチの移籍金をベンフィカに尋ねたという。しかしながら、チェルシーによる移籍金3900万ポンド(約57億円)のオファーが囁かれているだけでなく、バルセロナやマンチェスター・シティからの関心も取り沙汰されており、中でもレアル・マドリーが有利な立場に居るようだ。

レンタル先のフランクフルトが買い取り権を保有しているヨビッチ。ビッグクラブが争奪戦を繰り広げる中、来シーズンはどのクラブでプレーしているのだろうか。