ドイツサッカー連盟(DFB)は15日、今月行われる国際親善試合とユーロ2020予選に向けたドイツ代表メンバー23名を発表した。

ヨアヒム・レーブ監督は、GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)やMFトニ・クロース(レアル・マドリー)、FWレロイ・ザネ(マンチェスター・シティ)ら主力を順当に招集。また、MFマキシミリアン・エッゲシュタイン(ブレーメン)やDFニクラス・シュタルク(ヘルタ・ベルリン)、ルーカス・クロステルマン(ライプツィヒ)の3選手を初招集した。

その一方で5日の公式会見で構想外と明かしていたバイエルンに所属するFWトーマス・ミュラー、DFマッツ・フンメルス、DFジェローム・ボアテングは招集外に。また、MFユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)やGKベルント・レノ(アーセナル)も招集外となった。

ユーロ2020予選でオランダ代表や北アイルランド代表と同居するグループCに属するドイツは、20日にホームでセルビア代表との親善試合を行い、24日にアウェイでオランダと対戦する。今回発表された代表メンバーは以下のとおり。

◆ドイツ代表メンバー23名
GK
マヌエル・ノイアー(バイエルン)
ケヴィン・トラップ(フランクフルト)
マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/スペイン)

DF
ルーカス・クロステルマン(ライプツィヒ)※
マルセル・ハルステンベルク(ライプツィヒ)
ニクラス・シュタルク(ヘルタ・ベルリン)※
ヨナタン・ター(レバークーゼン)
ニコ・シュルツ(ホッフェンハイム)
マティアス・ギンター(ボルシアMG)
ニクラス・ジューレ(バイエルン)
アントニオ・リュディガー(チェルシー/イングランド)
ティロ・ケーラー(パリ・サンジェルマン/フランス)

MF
マキシミリアン・エッゲシュタイン(ブレーメン)※
カイ・ハフェルツ(レバークーゼン)
ユリアン・ブラント(レバークーゼン)
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン)
レオン・ゴレツカ(バイエルン)
イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ/イングランド)
トニ・クロース(レアル・マドリー/スペイン)

FW
レロイ・ザネ(マンチェスター・シティ/イングランド)
セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
ティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ)
マルコ・ロイス(ドルトムント)

※初招集