日本代表は19日、今月の代表ウィークに向けたトレーニングを神奈川県内で行った。

負傷の影響により今年1月から行われたアジアカップに参加出来なかったMF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)は、2月初めにポルティモネンセ(ポルトガル)を退団。しかし、環境をガラリと代えて臨んだ久々の代表でも、“楽しむ”という根本はブレていないようだ。

◆MF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)
──アジアカップを開幕前に離脱し、クラブも変わり、久々の代表合宿で心機一転という気持ちはあるか
「そうですね。今回はメンバーも代わったと思うので、また違う。なんというか、みんなでより良いサッカーをしていけたらいいと思いますし、自分も楽しみながら成長していけたら良いかなと思います」


──東京ヴェルディ出身の選手が増えましたが
「そうですね。たまたまだと思いますけど(笑)。FC東京の選手も居るので、知ってる選手が多いのは嬉しいです」

──東京ヴェルディで培ったものあり、これだけのメンバーが選ばれるという結果に繋がっているのでは?
「そこで癖になっていることはあると思いますし、良いものは継続して、良くないものは変えてきました。技術的な部分は練習で昔からやっていたので、それは残ってるんじゃないかなと思います」


──コロンビア代表戦、ボリビア代表戦の2試合でテーマにしていることはあるか
「まずはやっぱり自分の一番良いパフォーマンスを出すことが大事だと思いますし、それがチームのためにもなると思います。なので、それをしっかりとやって、全力でプレーして、楽しんで。相手は凄く強いチームですけど、ホームでやりますし応援してくれる人も沢山居ると思うので、良いサッカーを見せて勝てたら良いかなと思います」

──アジアカップは映像等確認したか
「決勝とかはカタールで観てました。日本の試合も出来る限り観てましたし、カタールの試合もずっと観てたので、難しい試合になるかなというのはもちろん思っていました。ただ、日本もしっかりと決勝まで行って、色々な経験を積めたと思うので、それを今回チームとしての成長の糧に出来たらと思います」

──クラブではアジア杯MVPのFWアルモエズ・アリと同僚だが、学ぶ点はあるか
「その選手は今ケガしているのでやっていませんが、他の選手が何人か。本当に技術が高くて運動能力もあって、上手い選手が多いですし、守備も本当に強いです。本当に学ぶ所は多いです」

──自分の良さは発揮できているか
「成長のために行きましたし、楽しむために行ったので、チームメイトとか監督も素晴らしいので良い所を吸収出来ていると思います」

──どの様なことが吸収出来ているか
「アジアカップでもそうでしたけど、ボールを奪うのも上手ですし、攻撃も個人でも行けるしチームでも。両方を持っているので、その部分を自分も磨きたいですし、守備でボールを奪ったりするところとか。監督からはポジションのこととかよくアドバイスを貰いますし、本当に色々なことが学べています」

──MF香川真司とプレーするイメージは?
「今は全然考えてません。色々な選手がいますけど、自分なんかより経験があって、レベルの高い選手が沢山いるので、そこは自分のプレーをすればやりやすくしてもらえると思います(笑)。頼っていきたいなと」

──10番を意識するか
「毎回言っていますが、そこまで番号には拘っていません。やっぱり試合で良いプレーをすることが、サッカー選手としても日本代表の選手として大事だと思っているので。番号はただの番号というだけなので、やっぱり良いプレーをしていくことが大事です」

──移籍に関してかなりの大金が報じられたが、自分に対する価値として思うところはあるか
「お金のことは僕はそこまで気にしていません。ただ、アル・ドゥハイルが凄く欲しがってくれたというのは嬉しいです。自分にとって一番魅力的なクラブだったから選びました」

──サッカー面ではなく生活面でカタールという国はどうか
「最高です。凄く住みやすいですし、家族も来てくれているので。奥さんと2人で幸せに暮らしています。それが一番大事ですね。それがサッカーにも繋がってきます。街の人とか、食事もそうですし、雰囲気とかも素晴らしいので。カタール・ワールドカップは凄く良いワールドカップになると思います」

──カタール・ワールドカップを戦う上で今冬の移籍は大きいのでは?
「そこは全く気にしていないというか、そこを考えて選んだわけではありません。ただ、なるべく良いプレーをして、カタールの人たちに日本を少しでも応援してもらえたらなと思います」