フランス代表は22日、ユーロ2020予選・グループH第1節でモルドバ代表とのアウェイ戦に臨み、4-1で快勝した。

アイスランド代表、トルコ代表らと同組のロシア・ワールドカップ王者のフランスが、弱小国のモルドバのホームに乗り込んだ一戦。フランスはムバッペやポグバ、カンテらをスタメンで起用してきた。

試合直前にコマンが左足太ももを負傷したためマテュイディが先発となったフランスはフラットな[4-4-2]を採用。2トップにグリーズマンとジルー、右サイドにムバッペ、左にマテュイディを配した。

そのフランスが立ち上がりから攻勢に出ると、24分に先制した。グリーズマンがポグバとのワンツーでボックス右に侵入。ポグバの絶妙な浮き球パスを左足ボレーで綺麗に蹴り込んだ。

さらに27分、グリーズマンの右CKからニアサイドのヴァランがヘッドで流し込み、リードを広げたフランスは、36分にボックス左のマテュイディのクロスをニアサイドのジルーがボレーで流し込んで3-0とし前半を終えた。

後半もフランスが敵陣で試合を進めるハーフコートゲームを展開。決定機こそ作れなかったものの、省エネで時間を進めていく。

終盤にはグリーマンとマテュイディを温存させる交代をした中、87分に敵陣でボールを奪った流れからムバッペがGKとの一対一を制して4-0としたフランスが直後に1失点を喫したものの、4-1で快勝。W杯王者が白星発進としている。フランスは25日、アイスランド代表とホームで対戦する。

グループH第1節その他の試合ではアイスランド代表がアンドラ代表に2-0で勝利し、トルコ代表がアルバニア代表に同じく2-0で勝利している。