プレミアリーグ第34節、リバプールvsチェルシーが日本時間14日24:30にアンフィールドでキックオフされる。逆転でのプレミア初制覇を目指す暫定首位のリバプール(勝ち点82)と、熾烈なトップ4争いに身を置く暫定3位のチェルシー(勝ち点66)による、シーズン終盤における重要なビッグマッチだ。

2019年初陣となったマンチェスター・シティ戦での敗戦以降、リーグ12戦無敗(8勝4分け)の安定飛行で暫定2ポイント差を付けるシティと熾烈なリーグタイトル争いを繰り広げるリバプール。残す5試合では最終節のウォルバーハンプトンを除きカーディフ、ハダースフィールド、ニューカッスルと降格圏付近の組し易い相手との対戦となるため、今回のチェルシー戦を乗り切れば、他力本願ではあるものの逆転でのプレミア初制覇が見えてくる。また、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではポルトを相手にホームで2-0の先勝を飾っており、大きなアクシデントさえなければ2年連続でのベスト4進出は堅い。その初戦での快勝によってある程度後ろの日程を気にせずに今回のチェルシー戦を戦えることはチームにとって朗報だ。

一方、第31節のエバートン戦での痛恨の敗戦以降、カーディフ、ブライトン、ウェストハム相手に3連勝を飾り、暫定ながら3位に浮上したチェルシー。後半戦では相変わらずパフォーマンスが安定していないものの、直近2試合ではエースのMFアザールが圧巻のパフォーマンスでチームをけん引し、MFロフタス=チークとMFハドソン=オドイの生え抜きの若手コンビも印象的なパフォーマンスを披露している。とはいえ、トップ4を争うトッテナム、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドの4チームの中ではユナイテッド同様に最も厳しい対戦カードが待っており、リーグでは今季14勝2分けの無敗を誇るアンフィールド攻略が求められるところだ。

なお、今季の両チームの対戦成績はチェルシーの1勝1分け。奇しくも昨年9月にリーグ戦とEFLカップの連戦となった2試合ではチェルシーホームのリーグ戦が1-1のドロー、アンフィールドで行われたEFLカップはチェルシーが2-1のスコアで勝利しており、チェルシーは今季の公式戦で唯一アンフィールドで勝利を手にしたチームだ。

また、両チームのこの時期の対戦で思い起こされるのは2013-14シーズンの4月28日に行われたプレミアリーグ第36節。残り3試合を2勝1分けで乗り切れば、悲願のプレミア初制覇を成し遂げられるはずだったリバプールだったが、11連勝中でアンフィールドにチェルシーを迎えた一戦では前半アディショナルタイムにMFスティーブン・ジェラードが自陣でボールコントロールを誤った上に足を滑らせ、FWデンバ・バに痛恨の先制点を献上。結局、この試合を0-2のスコアで落としたリバプールは、最終的にシティに逆転優勝を許すことになった。

リーグ12戦無敗で戦う今回の一戦は5年前の状況と酷似しており、リバプールとしてはそのトラウマを乗り越えて悲願のプレミア初制覇へと繋げていきたい。

◆リバプール◆
【4-3-3】

リバプール予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:アリソン
DF:アーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン
MF:ワイナルドゥム、ファビーニョ、ナビ・ケイタ
FW:サラー、フィルミノ、マネ
負傷者:MFチェンバレン、ララナ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはマッチフィットネスの問題を抱えるチェンバレンが引き続き欠場となる。一方、打撲の影響でポルト戦ベンチ外のララナに関しては復帰できる見込みだ。

ポルト戦からはサスペンション明けのロバートソンが復帰するほか、コンディションを考慮してロブレン、ヘンダーソンに代えてマティプ、ワイナルドゥムを復帰させる見込みだ。

◆チェルシー◆
【4-3-3】

チェルシー予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ケパ
DF:アスピリクエタ、リュディガー、ダビド・ルイス、エメルソン・パルミエリ
MF:カンテ、ジョルジーニョ、ロフタス=チーク
FW:ハドソン=オドイ、イグアイン、アザール
負傷者:MFアンパドゥ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しても主力に目立ったケガ人はおらず、連戦によるコンディションの問題を除けば全選手が起用可能な状態にある。

スタメンに関してはスラビア・プラハ戦で温存した主力を復帰させ、前節のウェストハム戦と同じスタメンを組んでくるはずだ。したがって、ロフタス=チーク、ハドソン=オドイとアカデミー育ちの若手2選手が引き続き起用される見込みだ。

★注目選手
◆リバプール:MFナビ・ケイタ
Getty Images
リバプールの注目プレーヤーはジェラードの背番号8を受け継ぐナビ・ケイタだ。今夏、RBライプツィヒから加入したケイタはジェラード退団以降、空き番となっていた背番号8を託された。しかし、シーズン序盤からその大きな期待に応えきれず、一時はベンチを温める状況が続いた。それでも、トレーニングから懸命にアピールを続けた結果、クロップ監督の信頼を勝ち得ると、前節のサウサンプトン戦、直近のポルト戦で自身のプレミアリーグ初ゴールを含む2戦連発の猛アピールを見せている。

2試合連続ほぼフル出場に、ミルナー、ワイナルドゥム、ヘンダーソンと同ポジションに人材が豊富なこともあり、スタメン、ベンチスタートかは微妙なところだが、3トップが徹底マークに遭う中で2列目からの飛び出し、持ち味のドリブルの仕掛けを武器にチャンスに絡みたい。また、豊富な運動量を武器に相手のパスワークの起点となるジョルジーニョやロフタス=チークをきっちり潰したい。また、前8番の5年前の無念を晴らす決定的な仕事も期待したい。

◆チェルシー:MFエデン・アザール
Getty Images
チェルシーの注目プレーヤーはリバプールの堅守攻略を託されたエースのアザールだ。レアル・マドリーのジダン監督再登板が発表されて以降、エル・ブランコ移籍の噂が再燃しているが、その雑音をモノともせずに安定したパフォーマンスを続けているベルギー代表。前節のウェストハム戦では試合終盤に“エラシコ”を交えた圧巻の高速ドリブルからゴールを陥れて改めて能力の高さを証明した。

DFファン・ダイクにGKアリソンとリーグ最高の堅守を誇るリバプールだが、アザールは今季の公式戦2試合でいずれもゴールを奪っており苦手意識はない。やや守備に甘さがある対面のDFアーノルド、DFマティプ(ロブレン)を相手に積極的な仕掛けでプレッシャーをかけたい。