17日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・準々決勝セカンドレグで、トッテナム相手に敗退したマンチェスター・シティ。試合後の公式ツイッターが話題を呼んでいる。

アウェイでのファーストレグを0-1で落としていたシティは、試合の立ち上がり4分にFWラヒーム・スターリングのゴールで、合計スコアで早々に同点に追いつく。だが、その浮かれている間に7分と10分に立て続けにFWソン・フンミンのゴールを許してしまう。

これで目が覚めたのかその直後の11分、ベルナルド・シウバのややラッキーなゴールで1点を返す。続く21分には、MFケビン・デ・ブライネの見事なクロスから再びスターリングが決めて、合計スコアは3-3に。

それでもアウェイゴールでトッテナムが有利に立つ状況の中、激しい立ち上がりとなった試合も落ち着きを取り戻す。そして、待望の逆転ゴールは59分に訪れた。デ・ブライネのパス受けたFWセルヒオ・アグエロがボックス右から豪快にニアを突き追加点。これでシティが合計スコア4-3でついに試合を引っくり返した。

しかし、試合はここで終わらなかった。迎えた73分、前半にMFムサ・シソコの負傷により途中出場していた伏兵FWフェルナンド・ジョレンテが、DFキーラン・トリッピアーのFKに泥臭く合わせて勝ち越しゴールを記録した。

再び窮地に立たされたシティ。だが、さらなる絶望が試合終了間際に待っていた。後半アディショナルタイムの93分、シティは相手MFクリスティアン・エリクセンのバックパスをベルナルド・シウバが引っかけてボールは前線のアグエロに。そして、ボックス右でその折り返しを受けたスターリングが左足で押し込んで合計5-4…かに思われたが、VARの結果、ベルナルド・シウバが足に引っかけたボールがアグエロに渡った時点でオフサイドだったため、ゴールは認められず、試合は合計スコア4-4で、アウェイゴール差でトッテナムが初の準決勝進出を決めた。

悲劇的な敗退に、シティの公式ツイッター(@ManCity)もおかしくなった。ゴールが取り消された直後、同アカウントは「wfiuhefijvbeojefvnojegfnvepgfjevgpinbgw」と解読不能な投稿。ショッキング過ぎる敗戦に、壊れてしまったのだろう。

このツイートには多くの「リツイート」や「いいね」が寄せられ、不特定多数の世界中のユーザーから多数のリプライが押し寄せた。

試合後の記者会見でジョゼップ・グアルディオラ監督が「残酷な結果だが受け入れなければならない」とコメントしたように、シティの“中の人”にも頭を上げて前を向いてほしいと願うばかりだ。