ミランのフランス代表MFティエムエ・バカヨコとコートジボワール代表MFフランク・ケシエ及びクラブに、イタリアサッカー連盟(FIGC)から罰金が科せられたようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

事の発端は13日のセリエA第32節のミランとラツィオの一戦。試合前にSNS上で相手DFフランチェスコ・アチェルビと舌戦を繰り広げていたバカヨコは、試合後に同選手とユニフォーム交換した後、ケシエとともにミラニスタが陣取るゴール裏でアチェルビを嘲笑うかのようにそのユニフォーム掲げた。

バカヨコはすぐに謝罪したが、FIGC検察はこの行為を重く受け止め、バカヨコとケシエにそれぞれ33,000ユーロ(約415万円)、ミランには20,000ユーロ(約250万円)の罰金を科した。

また、バカヨコの行為に対しラツィオファンから試合後に人種差別発言があったことは、これから調査を進めていくとのことだ。