Jリーグは24日、明治安田生命J1リーグ第9節、明治安田生命J2リーグ第11節の出場停止選手を発表した。

今回出場停止となるのは、J1はジュビロ磐田のFWロドリゲス、J2はジェフユナイテッド千葉のFWクレーベ、徳島ヴォルティスのFW清武功暉の3名となる。

ロドリゲスは、名古屋グランパス戦の終盤に警告を受けると、アディショナルタイムにはフリーの状態でヘディングシュートを放つもクロスバーを直撃。このプレーに苛立ちを隠せず、ポストを蹴り、ペットボトルを蹴り上げたことで、2度目の警告を受け退場処分となっていた。

【明治安田生命J1リーグ】
FWロドリゲス(ジュビロ磐田)
明治安田生命J1リーグ第9節
vs北海道コンサドーレ札幌(4/28)
今回の停止:1試合停止

【明治安田生命J2リーグ】
FWクレーベ(ジェフユナイテッド千葉)
明治安田生命J2リーグ第11節
vs大宮アルディージャ(4/28)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

FW清武功暉(徳島ヴォルティス)
明治安田生命J2リーグ第11節
vs京都サンガF.C.(4/28)
今回の停止:警告の累積による1試合停止