ホッフェンハイムは15日、ブンデス2部のヤーン・レーゲンスブルクからアルメニア代表FWサルギス・アダムヤン(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2019年7月から2022年6月30日までとなる。

ブンデス3部のハンザ・ロストックでプロデビューしたアダムヤンは、ドイツ国内の下部リーグを渡り歩き、2017年にレーゲンスブルクに加入。レーゲンスブルクでは、加入初年度からレギュラーとして活躍すると、2年目となった今季はリーグ戦32試合に出場し15ゴールを記録している。

また、2013年9月にデビューしたアルメニア代表では、これまで14試合に出場し1ゴールを記録している。