ナポリに所属する元スペイン代表DFラウール・アルビオル(33)のビジャレアル移籍が濃厚となっているようだ。スペイン『マルカ』がイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』を引用して伝えている。

アルビオルは2013年7月にレアル・マドリーからナポリに加入した。以降、センターバックとして主力を務め、ここまで公式戦236試合に出場。今シーズンも公式戦26試合1ゴールを記録した。

そんなアルビオルをビジャレアルは契約解除金400万ユーロ(約4億8000万円)を支払って獲得する模様。アルビオル自身も、2021年6月までナポリとの契約を残しているが、同クラブでの時間は終わったと考えており、スペインへの復帰を希望しているという。