中国代表を率いるイタリア人のマルチェロ・リッピ監督(71)が、2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)を以って、監督業から身を引くことを明らかにした。イタリア『sportmediaset』が報じている。

これまでナポリやユベントス、インテルをはじめとしたいくつものイタリアクラブで指揮を執ってきたリッピ監督。2004年からは2度に渡ってイタリア代表監督を務め、2006年にはドイツW杯優勝に導いた。

2012年から広州恒大、そして2016年10月から中国代表監督に就任。今年1月に開催されたAFCアジアカップ2019終了後の契約満了を以って退任を発表していたが、5月に復任。6月に行われたフィリピン代表とタジキスタン代表との親善試合では見事に連勝を収めた。

2度目の中国代表との契約は2022年まで。そこで1982年から続く長いコーチングキャリアに終止符を打つことを決断した。

「今、私は中国サッカーの経験を積んでいる。もうしばらく続けるつもりだが、この契約が終われば私は監督業から身を引くことにする。その後は管理職で働くことになると思う」