大分トリニータは5日、FWオナイウ阿道(23)が同日午後0時半ごろに大分市顕徳町3丁目で乗用車を運転中に、前方で信号待ちをしていた車に追突する事故を起こしたと発表した。双方共にケガはないとのことだ。なお、クラブはオナイウに厳重注意処分を下している。

オナイウはクラブの公式サイトで「この度、私の不注意でこのような事故を起こしてしまい、事故に遭われた方、関係者の皆様に心からお詫び申し上げます。また、関係者の皆様にも大変ご迷惑をおかけしてしまい、深く反省しております。今後は、二度とこのような事を起こさないように、今まで以上に細心の注意を払い、運転いたします。大変申し訳ございませんでした」とコメントしている。

一方、大分は「交通事故の発生及び事故に遭われた方、関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。今後の再発防止に向けて全選手、関係者への注意喚起をすると共に、再発防止に向けて安全運転の遵守を徹底致します」と発表した。