7日に行われたプレシーズンマッチのローマvsアスレティック・ビルバオでローマDFアレクサンドル・コラロフが圧巻の直接FKを決めた。

パウロ・フォンセカ新監督の下、開幕に向けて調整を続けるローマは、ペルージャの地でビルバオとプレシーズンマッチで対戦し2-2で引き分けた。

同試合で後半頭からピッチに立ったコラロフは59分、相手陣内中央の30メートル超の位置で得たFKの場面で左足を振り抜くと、速度、コース共に完璧なシュートがゴール右上隅を射抜き、1-1のタイスコアに戻すスーパーゴールとなった。

この見事なゴールにMFニコロ・ザニオーロらチームメートは満面の笑みで駆け寄りゴールを祝うと共に、前半終了時にベンチに退いていたカピターノのMFアレッサンドロ・フロレンツィもベンチから拍手を送った。

今夏初旬にはローマ退団の可能性が伝えられたコラロフだが、ここに来て残留の可能性が高まっており、新シーズンのセリエAでも黄金の左足から繰り出される直接FKのゴールをオリンピコで拝めそうだ。